埼玉県住宅相談センター

049-255-1100 お問合せ

受付/9:00~20:00 定休日/火・水

スタッフブログ

富士見市の歴史(3)

2018年4月7日 / 溝口 力

富士見市誕生。

昭和31年に、鶴瀬、南畑、水谷の三つの村が合併して誕生したそうです。

村内のどこからでも富士山が見えたので、「富士見」の名が。

やっぱり!!だから。。。。。そりゃそうですよね(笑)

七沢八寺(ななさわやてら)

  

関沢、羽沢、上沢等、富士見市の地形から沢の付く地名(ななさわ)が多いそうです。

また、鶴馬村には、江戸時代の書物に八つの寺(やてら)が記されているそうです。

こんな感じだそうです。

 

日本最古!? 月待板碑(つきまちいたび)

月待信仰〜同じ信仰の仲間が集まり、飲食を共にしながら

延命長寿無事息災を願う行事だそうです。この信仰を表す板碑としては

日本最古のものだそうです。現在は、難波田城資料館に展示されています。

水子貝塚にある石碑です。豊作や金銭に不自由しないなどの

ご利益を願って子待の供養に建てられたものだそうです。

まだまだ、富士見市には、いろいろな見所が盛りだくさんです。

また、ご紹介させ頂きます。

※弊社、売主の「ふじみ野ガレージハウス」サイディングが貼り終わり

階段もつきました!現在は内装工事中です。

特に、「ガレージ」が自慢です!他には無い、広さ、ガレージ内から室内への移動!など

見所満載です。ぜひ、ご覧下さいませ。