埼玉県住宅相談センター

049-255-1100 お問合せ

受付/9:00~20:00 定休日/火・水

スタッフブログ

少し気が早いですが

2018年5月7日 / 工事部

この間、乾燥から影響する湿度について

ブログを書いたばかりな気がしますが

もう少しすると梅雨になり今度は湿気が多い季節となります。

 

梅雨は日本の風物詩の1つとはいえ、ジメジメ・・・蒸し蒸し・・・

いやな季節ですね。

 

そんな梅雨の湿気から建物を守るための

対策をいくつかご紹介させていただきます。

その1  氷ペットボトル除湿

ペットボトルに7分目まで水を入れてそれを凍らせてからお皿やトレーの上に置くと

周りの湿気が水滴となってペットボトルについてきます。

扇風機の前などに置くとより効果的です。

 

その2  新聞紙

新聞紙を押入れの下に敷いたり、靴の中に丸めて入れたり

昔から新聞紙は湿気取りの代用品で、消臭効果もあるそうなんです。

そんな新聞紙を丸めて部屋干しする洗濯物の下に置くと効果があるようです。

 

その3  竹炭  その効果は半永久的

置いておくだけで除湿、消臭の効果がありでとても重宝します。

竹炭は天日干し、煮沸かし乾燥等すれば効果が復活して半永久的に効果が

持続すると言われています。

 

 

などなど、いくつか湿気対策をご紹介させていただきましたが

やっぱりエアコンや除湿機が一番ですかね。。。

併用すると効果がUPすると思います。

 

ジメジメや湿気も嫌いですけど

何よりも雨により予定した工程の変更で

毎年、四苦八苦するので梅雨が大嫌いな工事部でした。