埼玉県住宅相談センター

049-255-1100 お問合せ

受付/9:00~20:00 定休日/火・水

スタッフブログ

心配性の方がいい

2018年4月10日 / 工事部

こんにちは。花粉症が深刻な工事部です。

今回は弊社の設備屋さんの吉川さんを紹介したいと思います。

こんな感じですが

本人、見かけによらず、わりと恥ずかしがりやなので後ろから

パシャリ。

えーまず、このおっさん。。。

作業前に悩み?考えます(これが長い)

考えてから施工する事は、良い事なので

せっかちな私も、ぐっと我慢。。。

私の限界から10分も経過すると

やっと覚悟を決めたのか?動き出します。

作業中も慎重に考えながら手を動かしております。

さらには手を止めて危険な個所の確認を何度もします。

何回もします。(その度に、せっかちな私はイラっとしますが、水漏れは大変な事故になるので本人を焦らせないように我慢です)

 

配管の移設など結びも終わり

さー塞ごうかと思ったとこで

「ちょっと待ってください」

また、念入りに確認。

そうなんです。このお方は極度の心配性なんです。

水漏れしたら大変な事と理解しているから実に慎重です。

作業中も何回も何回も終わった箇所に戻り確認します。

作業時間よりも確認の時間の方が長いんじゃないでしょうかw

作業が終わって片づけ始めても

じーーーと作業した箇所を見て不安げな顔をしております。

作業が終わり

お客様に挨拶をして外に出てきても

「大丈夫かな?」とボソリつぶやきます。

帰りの車の中でも心配しております。

でも私の中では安心しております。

こんなに心配性な人が丁寧に作業をしてくれている訳ですから

水漏れする訳がない!ですが当の本人は心配なんですね。

現に今まで数多くの仕事を依頼しましたが

水漏れなどさせた事がないので

私も絶対の信頼をおいている職人さんです。(もう少し作業は早くなってほしいけど。。。)

設備屋さんの仕事は一度塞いでしまうと

見えなくなってしまって確認もできなくなるので

心配性なぐらいの方が管理者は安心できますね!