埼玉県住宅相談センター

049-255-1100 お問合せ

受付/9:00~20:00 定休日/火・水

スタッフブログ

雨漏り修繕

2018年3月8日 / 工事部

先日、弊社で施工した物件ではないのですが

雨漏れの調査と修繕工事をいただきました。

 

雨漏れは原因の特定も難しく

修理も適切な対応が必要とされ

壊してみないと確認できないため

正直、御見積もりの作成も非常に難しい工事です。

まずはスレートを剥がし、ルーフィングを剥がして

原因の特定をしました。

今回は屋根材の劣化により浸水しルーフィングの釘穴などから

内部に浸水している事が原因でした。

修理を依頼された側としましては原因が早めに発見できたので一安心です。

剥がしたルーフィングを

しっかりと上張りをして

剥がした屋根材部分に

新しい屋根材を施工し完了となりました。

(私も作業のお手伝いと、チェックをしていたので写真の数が少なくてすいません)

原因の特定で一安心なのですが

きちんとした施工で復旧をしないと

ニ次被害(修復箇所の施工が原因で招く雨漏り)も

よくあるので

復旧にも細かいチェックと、気配りが必要です。

雨漏れの大半は施工不良とメンテナンス不足が原因で発生します。

今回の原因も屋根材の劣化による物でした。

あと数年早く塗装をしてメンテナンスをしておけば

屋根材の劣化の速度も緩くなったと思われます。

皆様の大切なご自宅は大丈夫でしょうか?

診断は無料でさせていただきますので

工事部までお気軽にご連絡をください。

 

何よりも、この寒空の下

一日屋根の上に居て芯まで冷えたのが

身体に応えた工事部でした。