埼玉県住宅相談センター

049-255-1100 お問合せ

受付/9:00~20:00 定休日/火・水

スタッフブログ

101回大会

2019年8月23日 / 澁谷 幸男

今回の話題は、そう、夏、

野球!甲子園!

第101回全国高校野球選手権大会

2019年8月6日(火)から16日間に及ぶ、激闘が繰り広げられました。

昨日決勝戦が行われた夏の甲子園!

令和初の優勝校は、甲子園初優勝!

大阪代表の履正社です。  おめでとー!

優勝に喜ぶ履正社ナイン

決勝戦の試合結果は、どちらが勝っても初優勝、

履正社(大阪) 003 000 020|5
星稜(石川)  010 000 200|3

5対3と履正社が勝利しました。おめでとうー。

こちら、3回表履正社2死一、二塁、逆転3ランを放つ井上選手。左は星稜先発の奥川投手。

こちらは、優勝を逃すも晴れ晴れとした、星稜ナイン。中央が奥川選手。

 

埼玉県は、初戦敗退でしたが、今年も楽しい高校野球でした。

星稜高校の先発投手、エースナンバーの奥川君は、今年のドラフトの目玉になると感じた私でした。

星稜高校はやっぱり優勝ができなかった・・・・。

 

そしてもう一人、大船渡(岩手)の佐々木朗希選手も忘れてはいけない。

今年もドラフトが楽しみです。